長者原動物病院HOME > スタッフコラム > おしっこは体の状態を表すバロメーター〜下部尿路疾患を再発させない為に今日からできる6つの約束〜

長者原動物病院 スタッフコラム

猫に関すること
  • 2016年2月8日

おしっこは体の状態を表すバロメーター〜下部尿路疾患を再発させない為に今日からできる6つの約束〜

下部尿路疾患を再発させないために今日からできる6つの約束

 

みなさんはご家庭のわんちゃんねこちゃんのおしっこを気にされていますか?回数や色など、おしっこは健康状態をはかる貴重なバロメータです。
ねこちゃんがかかりやすい病気として下部尿路疾患があります。下部尿路疾患とは主に膀胱から尿道にかけて起こる様々な原因と症状を含む病気の総称です。(膀胱炎や尿石症など)この病気はとても再発しやすいですので、いつもと違いがないか、ふだんの生活から気をつけてみてあげてください。

約束1. 食事に気をつける

食事に気をつける

下部尿路疾患は食事療法も大切です。下部尿路疾患に配慮した療法食は目的ごとに成分が異なり、たくさん種類がありますので、獣医師と相談して選びましょう。おしっこの量をふやすために、ウェットフードもおすすめです。

約束2. おしっこを我慢させない

おしっこを我慢させない

トイレを落ち着いて使えないと、おしっこを我慢してしまう場合があります。こまめに掃除し、清潔に保ちましょう。また、ねこの頭数よりも「1カ所以上多く」トイレを設置しましょう。

約束3. おやつを与えるときは注意する

おやつを与えるときは注意する

せっかく食事で調整した栄養バランスが、おやつの成分によって崩れてしまうことがあります。おやつを与えるときは獣医師に相談しましょう。

約束4. 太らせないよう体重管理

肥満による運動不足は、水を飲む機会を減らし、結石をつくりやすくしてしまいます。肥満予防やダイエットに努めましょう。

約束5. 水を飲ませるよう工夫する

水を飲ませるよう工夫する

新鮮な水を常に用意します。ネコの頭数よりも「1カ所以上多く」水飲み場を設置しましょう。また、お気に入りの飲み方や容器(陶器がオススメです)を見つけてあげるのもいいでしょう。

約束6. 定期的に通院する

定期的に通院する

ご自身の判断で投薬や食事療法をやめてしまうと再発することがあります。獣医師の指示のもと、定期的に通院しましょう。

情報提供:ロイヤルカナン
http://www.royalcanin.co.jp/
  • 一覧へ戻る