長者原動物病院HOME > 手術について

手術について

【写真】手術室の様子

病気によっては、内服薬や注射のみの治療が難しく、手術が必要となる場合があります。
当院では、難易度の低い一般的な手術から、難易度の高い専門的手術まで、柔軟に対応しています。
症例によって、最適と思われる大学病院や専門医療病院などをご紹介することがあります。

ペットとその飼い主さんにとって、最良と思われる方法をご提案いたします。

手術の注意点

手術前の検査

【写真】手術前の検査

安全な手術を行うため、当院では手術前に体重測定、検温、聴診、触診、視診等による身体検査や、血液一般検査、血液生化学検査、血液凝固検査、レントゲン検査など、動物の年齢・症状・必要に応じた検査を行います。

検査に異常がない場合は、予定通りに手術を行いますが、検査で異常が見つかった場合、手術を中止、または延期する場合があります。

手術内容についてのご説明

【写真】手術内容についてのご説明

手術前の検査の結果をふまえ、手術方法や麻酔のリスク、
合併症等の可能性等について、ご説明させて頂きます。

長者原動物病院では、手術に関して十分なインフォームドコンセント(治療や手術に際して医師と患者が、十分な説明と同意のもとに「納得」して医療行為を行うこと)を行うよう心がけています。このため、お時間がかかる場合がございますが、ご協力の程、何卒よろしくお願い致します。疑問点などありましたら、お気軽にお尋ねください。

手術前日・当日

【写真】手術前日・当日

胃内に食べ物が残っていると、麻酔の導入時や、覚醒時に嘔吐を誘発する場合がありますので、手術当日は、絶水・絶食でお願いします。

前日には、激しい運動をさけ、心が穏やかになるよう、ゆっくり休ませてあげてください。

手術後の経過について

【写真】手術後の経過について

手術の内容に応じて、点滴・抗生剤・鎮痛剤などの投与を行います。

状況によってICU(集中治療室)での治療を行い緊急の場合に備えるときや、回復の状況によって入院が必要になる場合があります。ペットへの負担を極力少なくし、早期の退院ができるよう配慮しています。

手術後の経過について

月・火・水・金(その他の曜日の手術はお問い合わせください)

手術後の流れ

専門診療

【写真】専門診療

長者原動物病院では、月1回程度、大学病院や専門医療機関より、
専門医を招き、勉強会を開催しております。

このことにより、大学などの最先端獣医療施設との連携が計られ、
地方では難しい高度な専門診療を可能にしています。

手術実績

【手術実績】イヌ・ネコ・ウサギ

一般外科(軟部外科)
去勢手術 避妊手術 停留精巣摘出 子宮蓄膿症
皮膚腫瘍切除 乳腺腫瘍切除 外傷処置 狼爪切除
皮膚移植 鼡径ヘルニア整復 精巣腫瘍摘出  
胃切開 腹壁ヘルニア整復 腸閉塞解除 腸切開
腸管腫瘍摘出 結腸亜全摘出    
肝臓腫瘍摘出 脾臓腫瘍摘出 胆嚢切除 肝生検
腎臓腫瘍摘出 副腎腫瘍摘出 膀胱腫瘍摘出 膀胱切開(結石)
眼科
眼瞼腫瘍切除 眼球摘出 睫毛重生焼烙 瞬膜フラップ
頭頸部外科
外耳道切開 耳血腫 上皮小体摘出 フィラリア吊り出し
口腔・歯科
口腔内腫瘍切除 歯石除去 抜歯 乳歯抜歯
会陰肛門部外科
会陰ヘルニア整復 肛門周囲腺腫切除 肛門嚢腺摘出 直腸引き抜き
膣腫瘤切除      
整形外科
橈尺骨骨折整復 大腿骨骨折整復 中手骨骨折整復 腸骨骨折整復
膝蓋骨脱臼整復 大腿骨頭切除 前十字靭帯断裂整復 断脚
恥骨結合癒合術 椎間板ヘルニア(片側椎弓切除術)    
内視鏡
消化管検査・生検 鼻腔内ポリープ切開 胃瘻チューブ設置 瞬膜フラップ
エキゾチック
眼球摘出(うさぎ) 下顎皮膚切開(うさぎ)    
その他
消脱臼整復(非観血) 骨髄穿刺 骨髄穿刺 胸腔ドレーン設置 鼻涙管洗浄

など